ドーマーと大屋根と格子窓のお家、完成です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by arincororo
 
[スポンサー広告
KOHLERシンクのお手入れ
琺瑯シンクを取り入れたはいいけれど、どうやってお手入れすれば?とか、かわいいけど

汚れるんでしょ?とか、食器落としたら割れちゃうんでしょ?なコメントをよく見かけます。

我が家はKOHLERの琺瑯シンクのホワイトを導入しました。

毎食後、使い終わったらスポンジに洗剤をつけてささっと洗っています。

でも、コーヒーや麦茶のパックを長時間放置してしまうと、茶渋みたいにシミになります。

あと、鉄製のフライパンを洗ったり、炊飯器の内がまのままお米を研ぐと、黒いキズのような

跡が残ってしまい、スポンジではなかなか取れません。

メラミンスポンジを使ってみると、まぁまぁ取れますが、新品の頃のようなツヤは戻りませんでした。

どうしようもなくなって、KOHLERの専用クリーナーを買おうかと思っていた矢先、こちらを知りました。

カルキーナです。

ガラス用の研磨剤なので、お風呂の鏡のウロコ汚れもすっきり取れて、琺瑯の表面の硝子質部分も

ピカピカになりました。 洗い終えた後は、さらにカルキーナコートを塗布しています。

これを塗っておくと、2~3ケ月はスポンジで洗っているだけでピカピカが維持できました。

カルキーナは1本9,900円の物を利用しています。家中使えるので、高いかなと思ったけど、小さい

のは以前使っていて量が少なすぎてすぐなくなっちゃうので大きいのを。

kitchen

入居したばかりの頃の我が家のキッチン。まだピカピカ~。


つづく・・・
スポンサーサイト
Posted by arincororo
comment:0   trackback:0
[キッチン
comment
comment posting














 

trackback URL
http://greeenpeas.blog.fc2.com/tb.php/155-b047fa43
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。